<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

庭の工事

日の落ちるのが早くなり、庭師の親方の活動時間が短くなってきました。
午前中は他の現場を廻り午後こちらに来るので、夕方からはライトを点灯しての作業、お疲れさまです!
b0305914_155204.jpg

前道路からのアプローチができ上がりました。
ここは「長い間、踏み込んで表面が削れた石のブロックに、欠けてしまったところは鉄平石をはめ込んだ道」と、いう親方の作ったストーリーが表現されています。
鉄平石は古屋にあったのもの。
おじいちゃんの「捨てるには忍びないから活かして欲しい」がここにも使われました。

サイドに伸びるレンガの道は、庭と車庫へそれぞれに行かれるようにようになっています。
夫が大好きなラベンダーを早々に植え込んでいました。

b0305914_155601.jpg

道路側の石積みの塀、に見えますが、実はブロック塀の上に左官で仕上げたもの。
b0305914_15573942.jpg

コテで塗ったり削ったり、バーナーで焼いたりしています。
この石積みでソテツを囲みます。
前道路がセットバックのため30cmほど下げなくてはならなくて、この大きなソテツはてっぺんの枝を全部落として根を彫り上げ60cm移動させました。
枯れてしまうのでは?と、こちらの心配をヨソに新芽を次々に出して、大木に成長中です。

b0305914_1641586.jpg

古電柱に付けたインターフォンが浮いていたので、カバーを付けました。
実はコレ、紅茶の空き缶
底を抜いてカメラとスピーカ部分を出したものです。
これも親方お得意のバーナーでしっかりと焼いて、アンティーク風に仕上げてくれました。
一見インターフォンに見えなくて、玄関まで来てドアをノックする人が続出。
存在感を消しすぎたかな?

外構が終われば、植物の植え込み。
何を植えようか考えてはワクワクしています。
参考にしているのは、親方とも交流のあるガーデナー松田行弘さんの「庭と暮らせば」
眺めているだけでうっとりの本です。
こんな風に、力みのないグリーンを楽しめる庭にしたいなあと思っています。
[PR]
by outi-san | 2014-09-22 16:19 | お庭のこと

ガラスドーム

このところ気になる装飾品で、アンティークショップなどで見かけるガラスドーム。
台座の上に大きなガラスが乗っていて、中にディスプレーができるものです。
ずっと欲しいと思っていたのですが、結構なお値段...。
いつか買いたいなと思っていました。

先日鎌倉の友人宅にお泊まりに行った際、近所でお友達がアンティークショップをオープンしたとの事。
さっそく行ってみました。

お店はJOGLAR(ジョグラール)
元、三宿のGLOBの店長さんだったそうで、そのセンスは確かなもの。
普通の住宅街にある普通のお家の一部を改装してお店にしたとの事。
そこが和室だったなんて信じられないくらい、素敵な空間ができ上がっています。

そこで、ガラスドーム、見つけちゃいました。
サイズといい、台座の質感といい、ガラスの下辺の金縁といい、理想のガラスドームそのもの。
まさかの衝動買いをしてしまいました。

そして翌日には丁寧に梱包されて我が家に。
開けると...
b0305914_11232160.jpg

ラッピングまでもがステキ!
英字新聞かと思いきやフランス語新聞が梱包材に入っているのも、心憎い演出。
 
b0305914_11232386.jpg

出して見るとこんな感じです。
ドライのバラがおまけで付いています。

色々入れてみたり出してみたりを繰り返す事30分。
b0305914_11232890.jpg

梱包材とフランス語新聞で小さな箱を包み、ラフィアでまとめてみました。
そこへドライのあじさいといただいたバラを入れてみました。
窓辺に置いたランタンともいい相性で、ぐっと雰囲気がよくなりました。

本当は自分の寝室に置きたかったのですが、こんな素敵なものを独り占めじゃ申し訳ないので、リビングが定位置になりそうです。

b0305914_11232532.jpg

さて、コレはおまけ。
梱包材の下からヒョッコリ出てきました。
クリスタルのオーナメントはお店にもいっぱいぶら下がっていて、気になっていました。
こんなの入っていたら、またお店に行きたくなっちゃいます。
どこまでも素敵なお店なのでした。
[PR]
by outi-san | 2014-09-02 11:35 | おうちのこと