<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

箱根へ

夏休みになり、私の実家の両親、姉と甥っ子、妹と一緒に総勢8人で箱根1泊旅行に行ってきました。
b0305914_11271220.jpg

今回、父が30年ぶりくらいで「旅行に行きたい」と言い、それぞれのスケジュールを合わせたり8人一緒に泊まれる宿を探したりと奔走しました。
中でも父が「ロマンスカーの一番前に乗ってみたい」との非常に厳しい要望があり、ちょうど1ヶ月前の10時、近くの駅窓口に行きました。
「どうしても一番前が取りたいんです!」と、駅係員の方にお願いしたら、「できるかどうかわからないですけど、やってみます!」と、心強い回答。
10時のカウントダウンを待って、後はボタンを押すだけの状態でスタンバイ。
1分前になり「もし最前列が取れなかったら、最後列でもいいですか?」と聞かれ「かまいません、とにかく展望席をお願いします」と頼みました。
緊張している若い係員。
こちらも手に汗を握って見守ります。
そして、10時。
ものすごい勢いでボタンを押しています。
「あ!先頭だめだ!...最後尾8席確保しました!」
やった〜!
若い係員さんのおかげで、ミッション成功。
「こんなに緊張したのはこの仕事で初めてです」と、こぼれる笑顔で答えてくれました。
ありがとうございました!

b0305914_1127653.jpg

そんなわけで、初!展望席。
先頭ではないけれど、去っていく風景を眺めるのも、なかなか素敵でした。

箱根湯本に着いて父の希望でおそば屋さんへ。
はつ花の新館は、川辺の風景が窓の外に流れ、ゆったりと落ち着いて食事ができました。

そこからは、ひたすらバス→遊覧船→ロープウエイ→登山鉄道と乗り物の旅。
ロープウエイで大涌谷に着くと、風がひんやり。
黒卵を食べて、寿命を7年延ばしました。
b0305914_11271570.jpg


さてお宿。
今回8人の大人数で、しかも1つの部屋で過ごせるとなると、かなり条件が厳しく、探すのに難航しましたが何とか見つけることができました。
b0305914_1127264.jpg

ここ、『豊永荘 雉子亭」はとても古いのですが離れがあり、古民家を貸し切ることができるのです。
雉子料理が売りで、大きな和室に部屋出しでおいしい料理をいただく事が出来ました。
b0305914_113646.jpg

趣のある古民家で、由緒ある建物だそう。
川縁の露天風呂でのんびりしたり、あとはひたすらゴロゴロ。
骨休めになりました。

翌日は、早々チェックアウトして岡田美術館へ。
ここは日本画の巨匠たちの絵画を個人所有で展覧しているそうで、お目当ては伊藤若冲や円山応挙、葛飾北斎などです。
姉は美大で日本画を学んでいた事もあり、絵画好きな私と母とで大盛り上がりでした。
若冲は緻密な筆で知られていますが、とてもラフに書いた絵もあり、違う側面が見られたように思います。
父サービスの旅でしたが、父と子ども達は飽きてサッサと外に出て遊んでいました。

そして最後は富士屋ホテルでのランチ。
有名なメインダイニング『ザ・フジヤ』
b0305914_10575466.jpg

※写真はホームページからお借りしました。
もちろん料理は
b0305914_11265984.jpg

カレー!
正直カレーに2000円以上かけるのはどうかと思いますが、レストランの雰囲気やウエイターとの楽しい会話など、価値ある時間を過ごす事ができました。

あとは湯本でお土産買ってロマンスカーで爆睡〜。

みんな都内に住んでいるのに、家族が集まるのはお正月くらい。
父の希望で始まった旅でしたが、本当に思い出に残るよい時間を過ごせたと思います。
またいつか、みんなで出かけたいな〜。
[PR]
by outi-san | 2014-08-07 12:02 | 子どものこと

カーテン続き

今回、カーテン製作をお願いしたコロニアルチェックのニュースレターで、子ども達のお部屋を紹介していただきました。
写真が上手なので、すっごく素敵なお部屋に写っています。

コチラ
ありがとうございました!

先日、タッセルが届いたので、カーテンの仕上げです。
ぽんの部屋のタッセル。
b0305914_1025733.jpg

共布で作ってもらったので、スッキリ。
カーテンがかなり厚手なので、タッセルがないと半分近く勝手に閉まっていました。
コレで安心。
木製の房掛けもかわいらしく、全体的にまとまりが出来ました。

b0305914_1025468.jpg

もぐのお部屋はピンクの壁、シャンデリア、アイアンのレールに合わせて房掛けも黒のアイアン。
タッセルはFrancFranc で。
ドアノブと同じクリスタルにして、ゴージャスになりました。
色もクリアーなブラックなので、甘すぎずいい感じ。
あとは、お部屋のお片づけをしてくださーい!

そして、洗面所のカーテンも届きました。
b0305914_10245576.jpg

全開すると気持ちのよい窓ですが、脱衣所も兼ねているので入浴時は閉めなければなりません。
お向かいの学校から丸見えの窓、ここには厚手のリネンのカーテンを選びました。
お店で実際に光を透かして、透けて見えないか確認。
白いカーテンなので、生地の厚さがポイントになりました。
b0305914_10245739.jpg

板張りの壁と洗濯機の上の棚のカーテンとの相性も良く、閉じていても明るいです。

ベランダに通じるドアにも同じカーテン。
b0305914_1025042.jpg

生地が厚くても、もたつく事なく開閉できるポールは使い勝手が良く、開け閉めを楽しんでいます。
b0305914_1025292.jpg

天井いっぱいまであるので、天井が高く見えます。
シンプルでちょっとだけかわいい、理想の脱衣洗面所になりました。

今回コロニアルチェックでサンプルにいただいた生地がいくつかあり、それに以前店舗に行った時に買ったサンプルのカット生地を足して、オマケのカフェカーテンを作っちゃいました。
b0305914_10515878.jpg

生地を並べて、組み合わせを考えます。
柄もあえて横向きにしたり、透けるものと厚手のものを交互にしたり...。
b0305914_11163461.jpg

裏から見るとちょっとひどいのですが、気にしない気にしない。
無印でシーツを買った時に縛ってあった綾テープを縫い付けて完成!
b0305914_1052124.jpg

アトリエの窓のちょっとした目隠しになりました。
生地が素敵なので、雑な作りでもかわいく見えるので、お気に入りの窓になりました。

勢いに乗ってアトリエの天窓にもカーテン。
b0305914_1052565.jpg

空が見たくて天窓を付けたのですが、視線が気になるのと、棚に入れた本や布地が日焼けするので作りました。
幅が狭くて長細くて白いから、見た目はまるで担架!?
でも暑い日差しは遮られ、明るい光が入ってくるのでよしとしています。

実家では日中窓もカーテンも開けっ放しでしたので、常にカーテンを閉めたままの都会生活に馴染めなくて何となく苦手だったカーテンも、付け方1つでこんなにも変わるんだなと、実感した我が家のカーテン事情でした。
[PR]
by outi-san | 2014-08-01 11:16 | おうちのこと