リース

リース、好きです。
玄関でも、お部屋でも、ドアや壁に飾るとそれだけで雰囲気がぐっと良くなる気がします。
b0305914_953451.jpg

今、玄関に飾っているのは、先日植木屋さんが切ってくれた庭のユーカリの枝を、落としているその下でセッセと丸めて編みこんだ物です。
紐や針金を使わず、枝を丸く曲げて絡ませながら輪にしていきます。
バランスを見て足りないところには短めの枝を差し込んで、最後はハサミでカットしながら全体を整えます。
10分くらいでフレッシュなリースの出来上がり。
ユーカリの匂いが爽やかです。(ヴェポラッブって、ユーカリの匂いなんですね。鼻炎がひどくてヴェポラッブなしでは生きて行けなかった子どもの頃を思い出す匂いです)
シンプルに何も飾らずドライになるのを楽しんでいます。
b0305914_9124859.jpg

玄関内側は、以前小諸へ旅行の際に山で見つけた蔓をグルグル巻いただけの物。
100円ショップで買った花材を少し絡ませて、秋〜冬バージョンにしています。
b0305914_975482.jpg

リビング横の書斎にはやっぱり小諸産(!?)の蔓を巻いただけの物に、以前FRAMeWORKで包んでくれた布をキッチンクロス風に引っ掛けています。
ただのラッピング用なのに刺繍も入っている優れもの!
ここの洋服も大好きなのですが、お店の雰囲気もとても素敵でつい寄ってしまいます。
b0305914_983843.jpg

もぐ(長女13歳)の部屋には、あじさいのドライフラワー風の造花でラブリーに。
オーガンジーのリボンでロマンチックにしています。
(次女のぽん10歳は「そんなのいらない!」と、あっさり。今はどうもラブリーな物が苦手なようで「あーあ、男の子に生まれたかった」と、バズライトイヤーのTシャツをこよなく愛しているのでした)

そして今、出番待ちがクリスマスリース。
b0305914_917867.jpg

元は長いガーランド用として売られていた物を、やっぱり巻くのが好きな私はマキマキしちゃいました。
NYに行った際に拾った松ぼっくりや、赤い実の花材などを差し込んで、ワイヤー入りのリボンでまとめました。
結構な大きさがあるので、玄関ではすごく目立ちます。
Thanksgiveing Dayが終われば、ようやくお出ましです。

昨日なんとか段ボールの山の中から、このリースとツリーの本体だけ見つけました。
でもオーナメントや電飾、てっぺんの星などが見つかりません...。
クリスマスに間に合うように、セッセとオーナメントを作らなきゃ!と、思っています。
[PR]
by outi-san | 2013-11-12 09:34 | おうちのこと